1. HOME
  2. レポート
  3. 「第10回 Next Step 2019年Google検索の基本」に参加してきました

「第10回 Next Step 2019年Google検索の基本」に参加してきました

2019年1月23日(水)グーグル株式会社の金矢武明(かなやたけあき)さんのGoogle検索の基本を学んできました。セミナーの時お伺いした掲載OKの写真だけ載せています。

セミナーのまとめ・感想

今では多くの人が当たり前のように使っているGoogle検索ですが、Google検索エンジンに自分の作ったサイトを掲載するためには、まずどうすれば良いのでしょうか?

作成したサイトがGoogle検索されるまで

1、Googleがサイトの存在を知る

→サイト所有者が「サーチコンソール」という無料ツールに登録することで、Googleがサイトを認識、サイトがあることを知ってもらう事ができる

2、クロール

→Googleのクローラーというプログラム(ロボット)がページを巡回して情報を収集すること

3、インデックス

→クローラーが集めたページ情報を、Googleのデータベースへ登録する(=インデックス)

4、検索結果の配信

→インデックスサーバーの中から、ユーザーに検索された語句に関連性の高いサイトを掲載(配信)

...まずは、サーチコンソールに登録してサイトがある事をGoogleに知ってもらわないと何も始まらないという事ですね。

セミナーに登場した4つのこと

(1)モバイルファーストインデックス(MFI)

iPhoneの登場もあり、いつでもどこでもインターネットを気軽に楽しむ事ができるようになってきました。
Google検索でもモバイルユーザーの方が多いようでモバイルについて考える事は欠かせないものとなってきました。
そこに登場するのが「モバイルファーストインデックス」(以下「MFI」と表記)です。

簡単に言うと、「モバイルページの方をみて検索順位の評価をしてください」ということになります。
MFIの設定がされる前は、PCページを評価基準として検索結果に表示される検索順位が決まりますが、MFIを設定するとモバイルページを評価基準として検索結果の順位に影響されるようになります。

(2)Speed Update

・サイトの起動時間が3秒遅以上だと53%のユーザーが断念してしまう。
・起動時間は1秒遅いだけでコンバージョン数が7%下がってしまう。
上記の事から2018年7月より、Googleはスピードアップデートを導入。ページの読み込み速度が非常に遅いことがモバイル検索のランキング要素に組み込まれました。
やはりモバイルが重要になってくるようですね。あまり遅くならないように画像データを軽くしたりして少しでも速くサイトが機動するようにしておきたいものです。

(3)New Search Console

2018年にNew Search Console(新しいサーチコンソール)がでてきました。
従来ではできなかった、前年四半期のデータの比較ができるようになったりと、様々な機能の変化がありますので、
試してみると良いかもしれませんね。

(4)「HTTP://」から「HTTPS://」へ

サイトURLが『htttps://』から始まっているサイトは、インターネット上でデータを暗号化して送受信する仕組みができているという証になり、安全にデータを取り扱うことができるサイトという事になります。そして、Googleも全てのサイトに速やかにhttps://へ変更することを促しています。日本はまだまだのようですが、海外では一般的になってきているようです。

そして、Google検索の「http://」サイトに訪れたユーザーの上部検索バー(URLが表記されているところ)に「Not Secure(保護されていません)」と表示がでてくる機能が2018年7月より導入されました。ユーザーの安心度も高めるためにも『htttps://』にした方が良いかもしれませんね。

最後に・・・

セミナーの間、何度かおっしゃられていた「グーグルが言っている事を忠実に、そしてサイトの情報をしっかりとグーグル(クローラー)に伝える事がとても大切。」という事。私もそうですが、どうしても自分なりの解釈となってしまい、意識しないうちに元のルールから少しずつ離れていってしまう事は多かれ少なかれあるのではないかと思います。その状態のまま頑張って改善をしてもGoogleに伝わらない事もあり、検索を上位にしたくてもなかなか上手くいかない、このお話を聞き確かにそうだなと思いました。実際にGoogleで働いている方にお話しを聞ける機会は少ないので、このセミナーに参加できた事はとても貴重な時間となりました。金矢さんを初め、関係者の皆様ありがとうございました!

この記事を書いた人
Matsuda Chihiro
Matsuda Chihiro
ネコノレンで広報担当をしています!
株式会社AZ所属。

レポート

レポート一覧